ボサノバ シンガー 田坂香良子 -KAYOKO TASAKA-

ニュース

  1. <4月9日>
    緊急事態宣言が出ましたが、そこまで急激にはいろんなことが変わらなかった感じがします。しかもこの期に及んで東京と政府が揉めている・・・・💦
    何なんでしょう。悲しくなってしまいます。
    もう本当にじっと籠って誰とも会わず、自己防衛をするしか術はありません。

    昨日、ロスに住んでいる友達とFBでやりとりしていましたが、「この2週間は出かけるなと言われているので、今日は2週間分の買い物を済ませてきた。医療用のマスクの上にサージカルマスクをして、手袋と帽子で。」
    とのこと。
    早めの対応で、感染者がNYほどではないロスでさえこの状況。
    いいのか、日本!!!!!!!!

    今朝はブラジルの友達からメールが来て、リオではギャングがファベイラ(貧民街)を仕切って、不要不急の外出をコントロールしているとのこと。
    やるじゃん、ギャング(笑)。
    でも、ギャングにとっての不要不急の外出ってなんだろう・・・・
    そして、私の友達の友達が、コロナの影響で生活に困窮している人たちを救済するために、ファンドを立ち上げたとのこと。貧しさから犯罪への道に走ってしまうことを防ぐために。
    これまた素晴らしいですね。

    日本にも、ファンドを立ち上げる人は出てこないのでしょうか。
    飲食業救済ファンド、ミュージシャン救済ファンド、母子家庭救済ファンド、失業者救済ファンド、医療スタッフ応援ファンド、スーパー従業員&物流従業員応援ファンド・・・・
    一人一人がそのファンドに100円ずつでも寄付したら、そこそこの金額になりそうな気がします。もう、政府に頼ってられない!
    っていって、私が立ち上げるにはいろんなことが足りません(笑)。特に頭脳が・・・💦
    応援することはできるけど。

    まあ、とにかく、もう、求む!救世主!!!!!
    お金の工面さえできれば、みんなウチにいて、早い終息が見込めるような気がします。

    今日はお天気もいいので、あとでお散歩に行ってきます。
    パソコン、スマホ、テレビ・・・と目を使いすぎて。たまにベランダに出て、遠くを見るようにしていますが、外の景色に癒されるのも必要かなと。

    みなさん、しっかり予防して、一人一人の力を終結してこの危機を乗り越えましょうね!
  2. <4月8日>
    人は人の心のこもった言葉に救われるのですね。
    昨日、いつも応援してくださる方が、HPの私の文章から私が少し精神的に不安定でいることを察知して💦、あたたかいメールをくださいました。

    そのメールの中には、「世の中にはウイルスとは関係無くても、毎日目覚めるのが当たり前ではない人もいるのです。そういう人たちは、朝目覚めた時に、『今日も生きてる、有り難い』と思います。今回のこの危機も普通の人たちにとっての日常が、じつは当たり前ではないことを気付かせてくれているのかなぁと思います。当たり前のようで当たり前ではないことに感謝。不安心配は何の役にも立たないから、しっかり予防しっかり対策でお互いに心の安寧と健康を保ちましょう。」
    と。
    確かにそうですね。不安ばかり募らせていても何も解決はできない。
    今は、心も体も健康でいることがいつも以上に大事なのですね。

    このメールをいただいて、本当にそうだと思っていたら、今度は、カナユニの若きマスター、誠さんから、メッセージが(今月のカナユニ出演を見合わせたいという私の勝手なお願いを快諾してくださり、その返事に添えられたメッセージ)。
    「大事なのは私たち一人一人の行動。とても大変なことではありますが、戦中戦後の先人たちは必死に生きて、なるようになって、ここまで命のバトンを繋いでくださった訳ですから、それを想えばどうってことないのかもしれません」
    と。
    私の息子のような年齢なのに、本当にしっかりした言葉の数々・・・・。
    お店をこのまま開けるのがいいのか、それとも・・・、という判断をしないといけない若き頭領。彼の判断はどっちにしても必ずいい結果になると思うし、コロナ明けには、出演者ということではなく、カナユニのファンとして、一生懸命応援してお店を盛り立てたいと思います。

    昨日は、お二人の言葉で、本当に救われ、頑張らないと、とあらためて思えた一日でした。
    夜は、大きく美しいスーパームーンをみながら、メールをくださったHさんのメールの最後にくださった「一日も早く、かよちゃんの歌が目の前で聴ける日が来ますように」という言葉をかみしめながら、一日無事に過ごせたことに心から感謝、そんな一日でした。
    Hさん、誠さん、本当にありがとうございました!
    今日も元気に生きていることに感謝して過ごしたいと思います。
  3. <4月6日>
    さっき、窓の外を白いものがチラチラしていたので、何だろうと思ったら、桜の花びら。
    我が家は7階なのですが、風にのって舞い上がってきました。
    桜も散り初めで、今、一番美しい季節。
    桜は咲き、そして散り、ツツジが咲き始め、月は満ち欠けをし、鳥はさえずり、木々は芽吹き・・・・
    世界中で、人間が大騒ぎしてあたふたしていても、自然はいつもと変わらずそこにある・・・
    人間も自然の一部なんだけど、本当は。
    そうだとしたら、こういう事態は、自然のなりゆきなのかなとも思ったりします。
    あまりにも酷な自然のなりゆき。

    毎日、こんな中で何かやらなければいけない、と思ったり、まあ、こんな事態なのでゆっくりしてればいいか、とか、とはいえ、ダラダラしてたら頭も体もおかしくなってしまうと思ったり・・・。ぐるぐるぐるぐるしています。
    でも、目下の私の仕事は自分を守ること、家族を守ること。
    さっき、万が一感染したかも、とおもったら、どの病院に連絡するか、とか、保険証等の管理、病院への移動方法等、家族で確認しあいました。近所の歩いて行けるところに発熱外来ができたので、少しはほっとしています・・・。
    そこに行くことがないことはもちろん祈っているし、そうなっては困るんだけど。

    緊急事態宣言もようやく明日出るようですが、出たところで今の状況が変わるわけではなさそうなので、ただただひたすら、一人一人の行動がこれからの日本の状況を変えていくのだと思います。他人との接触を極力少なくすることしか方法はなさそうです。
    経済が、経済が、と言いますが、命があれば、日本人は復興する力はどこの国の人たちより持っているのだから。だからそれまでに命を落とさないようにすることが大事。生活できなくなる人達への支援を早急に。そしてそれ以外の人たちはひたすらSTAY HOME!
  4. <4月4日>
    今日は朝からいいお天気!
    朝ごはんの前に徒歩1分の馬事公苑前のけやき通りまでお散歩。
    やっぱり外の空気はおいしい!ベランダとは違う(笑)。

    昨日はなんか心の中で時々、「どーーーん」という感じで悲しくなり、あれ?私、ちょっと精神的に参ってるのかなと💦
    「長引く外出禁止の結果、壁や植物にむかって喋る行為は正常であり、相談に来ることはない。そのかわり、壁や植物が返事し出したらすぐ連絡してください」というフランスの冗談があるとFBで友達が言ってましたが、いろんなものがそろそろ返事し出しそうです(笑)。

    ところで、4月13日に予定していた千駄ケ谷ヴェルデュリエでのライブは、お店と相談した結果、今回キャンセルさせていただくことになりました。ご予定してくださっていたみなさん、本当に申し訳ありません。コロナの状況が落ち着いたら、また必ず復活します!
    コロナ明けのライブ、みなさんで思いっきり楽しみたいと思います。
    その日が一日も早くきますように!

    そのヴェルデュリエでは、平日、お弁当の販売を開始されたとのこと。
    ☆特選ステーキ弁当 1,200円
    ☆魚介たっぷりパエリア弁当 1,000円
    公式ホームページ https://www.leverdurier.jp/ のブログでチェックしてみてください!
    ヴェルデュリエのお弁当!おいしいに違いない!!!
    毎日、朝昼晩とご飯つくるのも疲れてきたので、私も来週あたり、買いに行こうと思っています。

    今日はまた午後からちょっとお散歩に行き、うちの中ではストレッチ、筋トレをし、運動不足を解消します。
  5. いつでも、どこでも、誰とでも!
    出張ボサノバ受付中!!
    メールでお気軽にご相談ください。

    CDも好評発売中!
    メール、あるいは、ライブ会場で!

スケジュールを更新しました
[an error occurred while processing this directive]
コラムを更新しました
2019/04/09